最新技術を活用したアルミ鋳物やアクリライト【技術材料白書】

ビル

光との相性が良い

作業員

アクリライトはアクリル板のブランドで、光との相性が良いため展示物を展示するために用いられる事が多いです。耐候性に優れていて、太陽光などが長時間当たったとしても劣化しにくい特徴も持っています。

詳細を確認する

プーリーの自作

工場

アルミ鋳物はアルミ鋳造で出来た製品のことで、様々な場所で用いられています。代表的な例で言うとエンジンなどがあり、比較的簡単に成形加工をすることが出来るためアルミ鋳造の魅力は非常に高いです。

詳細を確認する

種類を選ぶ

作業員

アクリライトは様々な種類が存在し、それぞれで製品特徴が大きく異なります。アクリライトLやSなどは分子量が多いためアクリル独特な性質が感じられ、加工に関しても容易です。EやE-IRは熱成形に特化した種類になります。

詳細を確認する

最新技術の開発

サイトではアルミ鋳物についての詳しい情報が記載されています。歴史が気になる人は調べてみるといいでしょう。

40年以上の歴史があります。シリコーンゴムを業者に頼むなら信頼できる場所を選びたいと考えるでしょう。それならこちらです。

工場

アルミ鋳物を作るためには金型が必要で、この金型を作るのは技術が必要で、そう簡単に創りだすことは出来ません。金型が間違ってしまうとまずいい製品を作り出す事はできないため、最初で厳密なチェックを経て金型が完成します。アルミ鋳物は扱いやすく非常に魅力的な加工部品ではあるものの、金型製造までの時間がかかるのがネックで急な製造依頼をするのは出来ませんでした。しかし最近ではアルミ鋳物業界でも革命的な技術進歩が行われていて、金型の作成を3Dモデリングソフトから直接生成することが出来るようになり、これまでの製造プロセスを大幅にカットすることが出来るようになってきています。こういった新しい製造技術のお陰で金型の用意にかかる時間を節約でき、数を熟すことが出来るようになったのと同時に、コストカットも可能になりました。以前まではまず考えられなかった小ロット生産でも金型を用意することが可能なレベルになり、例え小規模生産の製品でも品質の高い製品レベルを保つ事ができるようになっています。
アルミ鋳物以外でも最新技術の登場があり、例えばプラスチック業界ではアクリライトと呼ばれるアクリルブランドがあります。アクリライト自体は以前から存在するものの、年々その品質レベルは高まっていて、様々な種類が存在します。例えばアクリルの特性を保ったまま高い耐衝撃性や耐候性を保ったアクリライトSなどが存在し、さらに熱可塑性に優れたアクリライトも登場しています。これまで加工が難しかったカーブを描いた製品の製造が簡単に行うことが出来るようになっています。

保冷剤を販売している会社では、最適な保冷システムを提案してくれるので気軽に問い合わせを行なってみるといいでしょう。

ホーニングや研磨の技術が高い業者があります。こちらで確認出来るのでぜひご覧ください。信頼出来ますよ。